目の下のクマ・たるみ モニター募集

目の下のクマの悩みについて、
お気軽にご相談・お問い合わせください

Case introduction

目の下のクマの症例紹介

経結膜ハムラ法

経結膜ハムラ法 症例
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:486,000円

経結膜ハムラ法

経結膜ハムラ法 症例
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:486,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法 症例
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:698,000円

脱脂CRF法

脱脂CRF法 症例
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:698,000円

切らない治療法
(ウルセラアイ+ヒアルロン酸注入)

脱脂CRF法 症例
施術のリスク・副作用
内出血、熱傷、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差など。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:151,200円

切らない治療法
(ウルセラアイ+サーマクール+ヒアルロン酸注入)

脱脂CRF法 症例
施術のリスク・副作用
内出血、熱傷、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差など。
治療回数
治療回数 1回、施術の費用:270,000円

気になる「目の下のクマ」
年齢と共に目立つ
「目元のたるみ」…

朝のメイク時間を短縮したい

目の下のクマやたるみのせいで…

  • 疲れて見える…
  • 顔つきが暗く見える…
  • 老けて見える…
  • 睡眠不足の心配をされてしまう…
  • 写真や鏡に映った顔に落ち込む…

目の下のクマ、たるみ
目元は顔の中で一番目立つ部分ですが、自分では見えないため、気が付きにくい部分です。

Dark circles under the eyes type

あなたのクマの悩みは
どのタイプにあてはまりますか?

Type.01

赤クマ・紫クマ

目の下の皮膚が薄くて
赤クマ・紫クマがある

毎日血行マッサージをしても
冷え症改善の食事にしても
睡眠不足も気をつけていても
治らない・・・

目の周りは皮膚が最も薄くデリケートな部位です。さらにほかの皮膚のように皮下に脂肪層がないため皮下の筋肉が透けて赤や紫色に見えることがあります。

Type.02

茶クマ

皮膚をこすり過ぎて
茶クマがある

メイク落としの時に擦らないようにしても
目の下用の美白用コスメを使っていても隠せない…

皮膚に色素(メラニン)が沈着して発生します。目をこするなどの日常の摩擦、メイクの落とし残しなどがメラニン沈着の原因になります。ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というアザの一種のこともあります。

Type.03

影クマ

年齢とともに目の下のくぼみが濃く、影クマ(黒クマ)がある

目の下がくぼんできた
頬がたるみ、目の下が貧相になってきた
全体的に重たく、老けて見えるようになった
乾燥やむくみに気をつけて、保湿やマッサージをしても解消しない…

眼窩から頬へかけて目の下は複雑に構成されています。加齢とともに靭帯・組織はたるみが生じますが、目の下がたるむことで凹凸ができると、くぼんでいる部位に影ができ、黒っぽく見えてします。

目の下のクマの悩みについて、
お気軽にご相談・お問い合わせください

Abaut dark circles under the eyes

目の下のクマ・たるみは
どうしてできるの?

目の下のクマ・たるみの原因

眼球の下垂による眼窩脂肪の突出

加齢とともに眼球を支えている靭帯・組織はゆるみはじめます。そのことにより眼球も下垂します。眼球は眼窩脂肪と呼ばれる脂肪で保護されていますが、若いときは皮膚や眼輪筋、眼窩隔膜といった脂肪の前面にある組織の緊張が保たれているので、眼窩脂肪が前方に張り出てこないように押さえこんでくれています。
しかし、年齢とともにその力は弱まるため眼球が下垂すると眼窩脂肪は、その下の硬い骨の影響で押し出されてしまい、眼窩脂肪が前方に膨らんだ状態となるのです。
また、下まぶたの下方にある頬の部分の組織も加齢によりゆるみ、目袋の下の部分がへこんだような状態となりがちです。そのため下まぶたのふくらみをより強調することになってしまいます。

頬の皮膚のたるみ

目の下の皮膚は体の中で最も薄く、0.5mm程度しかないためたるみやすい部位です。また、皮膚が薄いため皮膚の下の組織の色が透けて見えやすく、皮膚の色調に差が出やすい構造となっています。

そして

クマの原因は混在しています

クマの原因

クマにはいくつかの種類があります。
クマの3種類のタイプのいずれかに該当するはずですが、いまあるクマの原因は一つだとは限りません。複数のタイプのクマが混在している方が多くいらっしゃいます。

治療で大切になるのは、クマのタイプ、年代、症状に合わ せた治療法の選択です。複数のタイプのクマが混在しているときは、どの要因が大きな割合を占めるかを判断して、最適な治療法の選択を行います。

目の下のクマの悩みについて、
お気軽にご相談・お問い合わせください

Treatment method

クマの症状に合わせた
エースクリニックの治療方法

経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)

経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)
  1. 下まぶたの結膜側を切開します。
  2. 眼窩脂肪を眼窩下縁より5~8mm下の骨膜に縫合固定します。

まぶたの裏側から切開するため表側に傷ができません。ふくらんでいる脂肪の部分(目袋)をくぼんでいる部分に移動させることで、ふくらんでいる部分はへこみ、くぼんでいる部分はふくらみますのでクマが解消され、下まぶたが落ちくぼむこともありません。

  • ふくらみとくぼみの
    両方を
    同時に解消
  • 表側に
    傷が見えない
  • ふくらみの脂肪は
    移動
  • 40代前半までの
    方にお勧め
ダウンタイム
1週間程度の腫れ。
術後の診察
翌日にテープ圧迫の除去。2週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に適宜診察を行います。
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。

脱脂CRF法
(下瞼脱脂+マイクロコンデンスリッチファット注入)

脱脂CRF法
  1. 下まぶたの裏側の結膜側を1cmほど切開します。
  2. 眼窩脂肪から突出していた部分の脂肪を目頭側、中央、目尻側とバランスよく切除します。
  3. マイクロCRFを目の下のへこんでいる部分に注入します。

目袋はふくらみその下がくぼんでいる方、くぼみが深く広範囲の方、中顔面の脂肪がくぼんでいる方の場合、移動する脂肪がなくなっていたり、脂肪の量が足りないことがあります。そのため眼窩脂肪を切除し、腹部など他の部位から採取した脂肪を用いたマイクロCRFをへこんでいる部位に注入します。

  • ふくらみとくぼみの
    両方を
    同時に解消
  • 表側に
    傷が見えない
  • ダウンタイムが短い
  • 40代後半からの
    方にお勧め
ダウンタイム
1週間程度の腫れ。 皮下出血がある場合、これがに引くには約2週間かかります。 (通常はお化粧で隠せる程度です。)
術後の診察
1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に適宜診察を行います。
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。

切らない治療法
(HIFU+ヒアルロン酸注入)

切らない治療法
  1. HIFU(ハイフ)でリフトアップします。
  2. ヒアルロン酸を目の下のへこんでいる部分に注入します。

切らない治療を希望される方、誰にもバレずに治療したい方。HIFUという焦点式超音波を利用し筋肉と脂肪を引き締めることで切らずにリフトアップします。さらに気になるへこんでいる部位にヒアルロン酸を注入することで目の下のクマ・たるみを改善します。

  • 切らない治療
  • ダウンタイムが
    ほとんどない
  • リフトアップ
  • 幅広い年齢の
    方にお勧め
ダウンタイム
腫れは通常数日です。 皮下出血がある場合、これがに引くには約2週間かかります。 (通常はお化粧で隠せる程度です。)
術後の診察
1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後に適宜診察を行います。
施術のリスク・副作用
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど。

Doctor comment

ドクターコメント

竹内院長
院長 竹内 孝基

目の下のクマでお悩みの方は本当に多くいらっしゃいますが、目の下のクマ・たるみ治療の専門院で治療を受ければ良くなることをご存じない方がほとんどではないでしょうか?

クマでお悩みの方の中には、化粧品をあれこれ試したりマッサージをしてみたり、いろいろな対策を行なっている方も多いことと思います。また寝不足や疲れが原因なのではと生活習慣に気をつけている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、化粧品やマッサージ、生活習慣の改善だけでは大きな効果を実感しにくいのが現状ではないでしょうか?
目の下のクマ・たるみの改善はその状態を医学的に分析することから始まります。そして原因に合わせて適切な治療を行うことで目の下のクマ・たるみは改善することを知って欲しいと思います。

切る治療が怖い方、切らない治療を希望の方には
切らない目の下のくま治療

切る治療(手術=ダウンタイムのある治療)は難しいという方には、メスを使わない、ダウンタイムが短い治療も行なっております。効果は手術には及ばない傾向はありますが症状の改善は充分に見込めます。


ウルセラアイ・サーマクールアイのリスク・副作用

内出血、熱傷、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差など。

FAQ

よくある質問

目の下のたるみが気になりますが、周囲に気がつかれないように改善できますか?
皮膚を切らない経結膜ハムラ法や脱脂CRF法などでは、皮膚に傷ができないため、腫れ等が落ち着くと周囲に気づかれることはほとんどありません。 また、切らない下まぶたのクマ治療の場合、腫れや皮下出血もほとんどありませんので、治療後すぐであっても周囲の方には何をしたかはわかりにくいです。
手術の際、痛みが心配です。
局所麻酔を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。また、静脈麻酔(点滴の麻酔)を併用すると、痛みを感じることなく寝ている間に手術が終了します(静脈麻酔は経結膜ハムラ法のみ対応可)。 手術後の痛みはあっても軽度で、翌日にはおおむね引いていることが多いです。
まだ20代ですがクマがあります。手術で改善しますか?
目の下のクマは若い頃からお悩みの方は非常に多いです。老若男女問わずクマのほとんどは手術で改善することができます。
手術の効果は長期間持続しますか?
目の下のクマ・たるみ手術では、その効果は長期間持続します。手術後も老化はしますが、手術をしている分のアドバンテージはずっとあります。
手術以外で目の下のクマを改善することはできますか?
クマを改善することはまぶたを切らない方法でも可能です。ご要望に沿った治療を提案いたしますので、専門医師の診察を受けることをおすすめします。

モニター募集

Price

目の下のクマ・たるみの料金表

施術 料金(税抜価格)
経結膜ハムラ法 450,000円
皮切ハムラ法 550,000円
マイクロCRF法 500,000円
下瞼脱脂 250,000円
脱脂CRF法 650,000円
下瞼皮膚切除 300,000円
HIFU+ヒアルロン酸注入(1cc) 140,000円
ウルセラアイ(60ライン) 120,000円
サーマクールアイFLX225ショット
【上まぶた または 下まぶた】
180,000円

※静脈麻酔をご希望の場合は別途80,000円(税抜)がかかります。

Introduction of Ace Clinicエースクリニックの紹介

浅井先生

院長 竹内 孝基

平成9年
大阪大学医学部 卒業
大阪大学医学部附属病院
大阪府立病院
(現大阪府立急性期 ・総合医療センター)
平成12年
大塚美容形成外科勤務
金沢院院長を歴任
平成18年
名古屋院院長に就任
平成22年
エースクリニックを開設

【所属学会】

  • 日本美容外科学会 専門医/
  • 日本再生医療学会/
  • 日本抗加齢医学会/
  • 日本レーザー医学会/
  • 日本美容外科医師会/
  • 日本眼形成再建外科学会/
  • サーマクール認定医/
  • ミラドライ認定医
クリニック内観・外観

〇住所
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25 
名駅IMAIビル3F

〇診療時間 10:00〜19:00

〇休診日 日曜・祝日

〇最寄駅
名鉄名古屋本線:名鉄名古屋駅 徒歩3分
名古屋市営地下鉄東山線、JR東海道本線:名古屋駅 徒歩3分
近鉄名古屋線:近鉄名古屋駅 徒歩3分

目の下のくまの悩みについて
お気軽にご相談・お問い合わせください

pgetop